美容

顔のゆがみを矯正するリフトアップマッサージでシンメトリーな若見え顔に

f:id:m-danjyo:20190613110159j:plain

顔のゆがみを直すとリフトアップ効果がある!

顔にゆがみがあると左右非対称になり、写真に映った自分の顔が気になったりしますよね。でも、それだけではないんです。顔にゆがみがあると血行が悪くなり、顔のむくみや、たるみの原因にもなります。

 

顔のゆがみを解消するには、日頃の習慣などによるゆがみの原因を改善するとともに、マッサージをすることが効果的。ゆがみが解消されると、リフトアップ効果があるので、たるみも同時に解消することができますよ。

 

そこで今回は、顔のゆがみを矯正するリフトアップマッサージをメインにご紹介します。小顔効果はもちろん、若見え効果も期待できるので、ぜひ試してみてくださいね!

 

顔のゆがみを矯正するリフトアップマッサージでたるみも解消!

顔にゆがみがあると、むくみやたるみなどを引き起こし、顔が大きく見えてしまいます。そもそも顔がゆがんでしまうのは、ストレスや緊張による筋肉のこわばりが大きな原因。

ストレスや緊張によって筋肉がこわばると、筋肉が硬くなってコリが生じ、表情筋をうまく動かせなくなります。表情筋は、骨や皮膚とつながっているため、筋肉のコリが顔のゆがみにつながるのです。

 

そのため、顔のゆがみを矯正するには、筋肉のコリをほぐすマッサージが効果的です。「顔のゆがみ」が解消されると血流がアップし、その結果、顔のむくみやたるみを解消し、小顔効果はもちろん、リフトアップ効果も期待できます。

 

顔のゆがみの原因

顔のゆがみの原因は、筋肉のこわばりによってコリが生じることですが、具体的には、どこの筋肉が硬くなってしまうのでしょうか?

 

口腔内の筋肉が硬い

顎関節を支える「咀嚼筋」や、舌を動かすときに使う「舌筋」などの口腔内の筋肉が硬くなると、顔のゆがみの原因になります。これらは顔の深部にある深層筋なので、顔の表面をマッサージしただけでは改善できません。口の中からマッサージをして、深層筋を刺激してあげることで顔のゆがみを解消することができます。

 

咬筋・口輪筋が硬い

咬筋とは、噛むときに使う筋肉。歯を食いしばるクセがある人は、咬筋が硬くなりやすいです。また、口輪筋とは、口のまわりにある筋肉のこと。口輪筋が硬くなると、口元のたるみやほうれい線の原因にもなります。

 

側頭筋が硬い

こめかみから側頭部にかけての「側頭筋」が硬くなっていると、顔のゆがみの原因になります。耳の上あたりにある筋肉で、ここをほぐすと目の疲れが取れたり、顔のたるみをリフトアップすることができます。

 

前頭筋や頭皮が硬い

おでこの筋肉である「前頭筋」が硬くなると、頭皮の筋肉まで硬くなります。頭皮と顔は関係ないように感じますが、頭皮が硬くなると顔のたるみにつながります。

 

前頭筋をほぐすことで目がパッチリと開き、血行が良くなることでたるみを解消することができます。また、頭皮の血行も良くなり、美髪効果も期待できます。

 

顔のゆがみチェック

「顔が左右対称じゃないかも」と感じる人は、以下の項目で顔のゆがみチェックをしてみてください。

 

  • ほうれい線の長さ・深さに左右差がある
  • 顔がむくみやすい
  • 耳・頬骨の高さが左右で違う
  • 口角の上がり具合が左右で違う
  • 目の大きさ・目の高さが左右で違う
  • 鼻が曲がっている
  • 肩の高さが左右で違う

 

顔にゆがみがまったくない人は、ほとんどいないと言われています。とはいえ、当てはまる項目が多い人は、顔のゆがみによって他の症状も引き起こしている可能性があります。とくに、以下のような習慣がある人は、まずは原因となる習慣から改善していきましょう。

 

顔の左右バランスが悪くなる習慣

顔の左右バランスが悪くなってしまうのは、日頃のちょっとした習慣のせいかもしれません。では、どのような習慣が顔のゆがみの原因になっているのでしょうか?

 

  • 姿勢が悪い
  • 片側ばかりでバッグを持つ
  • 片側ばかりで噛む
  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 足を組む
  • 頬杖をつく

 

この他にも、ストレスがたまっていたり、緊張する場面が多い人は、顔の筋肉がこわばり、顔のゆがみにつながっている可能性があります。顔のゆがみを解消するには、これらの習慣やストレスをためないようにすることも大切です。

 

顔のゆがみを矯正するリフトアップマッサージ

顔のゆがみを矯正するには、リフトアップマッサージが効果的です。では、どのようなマッサージ方法なのか見ていきましょう。

 

咬筋マッサージ

咬筋とは、いわゆる「エラ」の部分にある筋肉ですが、今回ご紹介するマッサージは、口の中からほぐす方法です。頬筋も同時にほぐすことができます。

 

  1. 手を洗って清潔にし、右手の人差し指を左頬の内側に入れます。
  2. 指の腹を頬の内側に当て、左手を顔表面の食いしばったときにふくらむ頬の部分に当てます。
  3. 右手の人差し指で、頬の内側を上下左右に10回さすります。
  4. 反対側も同様にやりましょう。

 

爪で口の中を傷つけないように、指の腹を使うのがポイントです。痛みがある場合には、咬筋や頬筋がこっている可能性があります。

 

側頭筋マッサージ

側頭筋をほぐして、頭のコリをほぐすマッサージをご紹介します。頭のコリをほぐすことで、顔のゆがみやたるみを解消できます。

 

  1. 手でこぶしをつくり、こめかみに当てます。
  2. こぶしを前後に揺らし、10秒間ほぐします。
  3. 耳の上あたりにこぶしを当て、揺らしながら10秒ほぐしていきます。
  4. 耳の後ろあたりにこぶしを当て、揺らしながら10秒ほぐしていきます。

 

このマッサージが終わると、目がパッチリと開き、目の疲れが解消されます。また、頭のコリがほぐれることでリフトアップ効果が抜群です。

 

前頭筋マッサージ

目の大きさが左右で違う人は、前頭筋や眼輪筋がこっている可能性があります。

 

  1. 目の上の「おでこの部分」に、三本指を当てます(人差し指・中指・薬指)。
  2. 前髪の生え際から眉毛の上まで、上下に指を滑らせます。
  3. これを2~3回くり返します。反対側も同様に行います。

 

前頭筋がこっている人は、イタ気持ちいい感じがしますよ。肌に負担をかけないためには、クリームを塗って滑りを良くすると効果的です。

 

眼輪筋マッサージ

眼輪筋は、目のまわりを覆うようについている筋肉です。リンパの流れを良くし、こり固まった筋肉をほぐすことで若々しい印象の顔になります。眼輪筋マッサージは、先ほどの「前頭筋マッサージ」や「側頭筋マッサージ」も一緒に行うことが大切です。

 

  1. イスに座り、机に肘をついた状態で、人差し指の第二関節を使ってマッサージします。
  2. まずは眉間に指を当て、頷くように頭を動かして指に圧をかけていきます。
  3. 眉毛の上に沿って、眉頭から眉尻まで少しずつ移動していきましょう。

 

目の近くの皮膚はとくに薄いので、あまり強く圧をかけなくても大丈夫です。目が疲れているときや、気分をリフレッシュしたいときにおすすめ。もちろん、ゆがみを解消する効果も高いですよ。

 

顔のゆがみを矯正してシンメトリーな若見え顔に!

顔のゆがみを矯正して、リフトアップできるマッサージについてご紹介しました。顔のゆがみを解消すると、顔のむくみやたるみも解消され、小顔効果があります。また、ストレスや日頃の習慣を改善することも大切なので、マッサージと並行して行うことで、シンメトリーな若見え顔を手に入れましょう!