ダイエット

ヒップアップできるウォーキング|歩き方を意識するだけでお尻に効く

f:id:m-danjyo:20190130001550j:plain

歩き方を意識するだけでOK!ヒップアップウォーキング

ヒップアップ方法には、エクササイズや筋トレなど色々ありますが、歩き方をちょっと意識するだけでヒップアップできたら嬉しいですよね。

歩くことは健康やダイエットに良い効果がありますが、歩き方を少し意識するだけで、効果的にヒップアップすることが可能なんです! どんなに運動が苦手な人でも、歩くだけならできそうですよね。

 

そこで今回は、歩き方を意識するだけでヒップアップできるウォーキング方法をご紹介します。この歩き方をマスターできれば、ウォーキングするだけで理想のヒップラインを手に入れることができますよ。

 

では、ヒップアップできるウォーキング方法とは、具体的にどのような歩き方なのでしょうか?

 

ヒップアップできるウォーキング方法

ヒップアップできるウォーキング方法とは、正しい歩き方をベースとし、とくにお尻を意識して歩く方法です。

 

では、歩き方をレクチャーする前に、ウォーキングによるヒップアップ効果を高めるストレッチをご紹介します。ウォーキング前にストレッチをすると、どのような効果があるのかも含めてご紹介していきます。その後に、ヒップアップ効果のある歩き方をご紹介していきますね。

 

ウォーキング前の効果的なストレッチ

ウォーキングの前にストレッチをすると、筋肉がほぐれて温まり、動きやすくなることでウォーキングによるヒップアップの効果が高まります。

 

また、股関節のストレッチも併せて行うと、関節の可動域が広くなることで運動を効果的に行うことができ、ウォーキングによるヒップアップ効果を高めてくれます。では、ウォーキング前の効果的なストレッチをご紹介します。

 

◆股関節のストレッチ

  1. 仰向けになり、片足の足首をもう片方の膝に乗せます。
  2. 足を持ち、胸に近づけて10秒キープします。
  3. 足を入れ替えて反対も同様にやりましょう。

 

お尻の筋肉をストレッチすると同時に、股関節もストレッチできる方法です。

 

◆下半身の筋肉をほぐすストレッチ

  1. アキレス腱伸ばしを10秒キープします。
  2. 反対足も同様にやりましょう。
  3. 足を伸ばして床に座り、体前屈をします。
  4. そのまま10秒キープします。

 

ウォーキングの効果を高めるには、下半身の筋肉をほぐすストレッチが効果的です。ケガ防止のためにも、しっかりとストレッチをしてから歩きましょう。

 

ヒップアップ効果のある歩き方

では、いよいよヒップアップ効果のある歩き方をご紹介します。4つのステップに分けてご紹介していきますので、それぞれのポイントがわかったら、実際に歩いてみてくださいね。

 

◆背筋を伸ばし、姿勢を良くして歩く

正しい歩き方は、正しい姿勢が大事です。猫背になったり、前かがみになったりすると、腰痛の原因になることもあります。姿勢を良くして歩くことは基本なので、くれぐれも猫背にならないように注意しましょう。

 

背すじを伸ばして、目線は前方へ向けます。顎が上がらないように、やや顎を引き気味にします。腕は自然に体の横に下ろします。

 

◆お尻の筋肉を意識して、力を入れる

いつものように歩くだけでもお尻の筋肉は使っていますが、とくにヒップアップ効果を狙うときは、お尻の筋肉に力を入れて歩いてみましょう。使っている筋肉(お尻の筋肉)を意識することで、効果が高まると言われています。

 

本当にお尻の筋肉を使っているのか、イマイチわからない場合には、お尻に手を当ててみるとよくわかります。お尻の筋肉が動いていれば、しっかりと使っている証拠なので、ヒップアップ効果が高まりますよ。 

 

◆前足の膝を伸ばして、かかとから着地

前足を着くときは、膝を伸ばした状態で、かかとから着地します。足裏全体をつくような「ベタ足」だと、膝が曲がった状態になってしまうので必ずかかとから着地しましょう。

 

また、前足の膝が曲がっていると猫背になってしまい、お尻に力が入りません。そのためヒップアップ効果が得られなくなってしまいます。

しっかりとお尻に効かせるためにも、前足を着地するときは、必ず膝を伸ばした状態でかかとから着地するようにしましょう。

 

◆後ろ足の膝を伸ばして、足指で地面を蹴る

後ろ足で地面を蹴るときは、膝を伸ばして、足指の全部を使ってしっかり地面を蹴るようにしましょう。後ろ足全体の筋肉を使うことで、ヒップアップにつながります。とくに、太もも裏の筋肉は「ハムストリング」といって、ヒップアップに深く関係している筋肉です。このハムストリングがしっかり使われることで、その上に乗っかっているお尻の筋肉(大殿筋)を鍛えることができるのです。

 

後ろ足が伸びているときにお尻を触ると、後ろ足側のお尻が硬くなっているのがわかると思います。もし後ろ足が伸びているのにお尻が硬くなっていなかったら、歩幅が小さいのかもしれません。もっと大股で歩いてみましょう。

 

大股で歩けば、股関節から大きく動かしますよね。股関節から動かすことによって、下半身の血流やリンパの流れが良くなり、むくみが解消して代謝もアップしますよ。ヒップアップと同時に、ダイエット効果もアップするのはうれしいですね。

 

ヒップアップ効果を高める歩き方のポイント

ヒップアップ効果のある歩き方をご紹介しましたが、他にもいくつかポイントがあります。ウォーキングでのヒップアップ効果を高めるためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

内もも(内転筋)を意識すると自然とヒップアップできる

ヒップアップ効果を高める歩き方のポイントは、内もも(内転筋)を意識して歩くことです(内ももがぶつかるくらいのイメージで歩くと良いのだとか)。内ももを意識して歩くと、連動してお尻が引き締まると言われています。

 

ほとんどの人は外ももの筋肉を使っているため、O脚になったり、お尻の筋肉が衰えやすくなったりします。これではヒップアップ効果が得られないのはもちろん、美脚からも遠ざかってしまいます。

 

ヒップアップ効果のある歩き方のポイントは、内転筋をしっかりと意識しながら歩くこと。そうすれば自然とお尻が鍛えられて、日常生活で歩いているだけでもヒップアップ効果が期待できるでしょう。

 

歩くときはシューズに履き替えるのがオススメ

ヒップアップ効果を高めるには、ウォーキング用のシューズを履くのがオススメ。ウォーキング用のシューズは、歩きやすいのはもちろん、クッション性が高いので膝などの関節に負担がかかりにくくなっています。しかも、格段に疲れにくいというメリットがあります。

 

ヒップアップ効果を高めたいなら、面倒でもウォーキング用シューズに履き替えるようにしましょう。

 

ウォーキングの時間・距離より歩き方を重視する

ウォーキングだけでヒップアップできる方法をご紹介してきましたが、「早く効果が欲しい!」と思うと、いきなり頑張ってしまう人がいます。もちろん、その調子でずっと頑張れるならOKですが、途中でやめてしまったらもったいないです。

 

そのため、ウォーキングの時間や距離は、あまり重視しなくてOKです。

たとえば、「30分歩く」「3キロ歩く」「1万歩歩く」などの目標を決めて歩くよりも、ここまでにご紹介した「ヒップアップ効果のある歩き方」を意識するほうが大事だからです。

 

正しい歩き方を意識すればどんどんヒップアップ効果は高まっていきますが、間違った歩き方でたくさん歩いても逆効果になってしまうのです。間違った歩き方は体のさまざまな場所に負担がかかり、「体の歪み」や「筋肉の偏り」によってアンバランスなスタイルになってしまう恐れがあります。

 

歩き方のクセがあるなら今すぐ改善し、時間や距離を気にせずに正しいフォームを重視しましょう。そのほうが何倍もヒップアップ効果がありますよ。

 

1日10分でもOKなので継続する

ヒップアップできるウォーキングは、毎日やらなくてもOKです。もちろん毎日やれば効果的ですが、無理せずに続けることが大切です。そのため、雨の日や疲れている日はお休みしてもOK。

 

その代わり、3日以上は休まないように注意しましょう。3日以上運動しないと、せっかく鍛えた体が戻ってしまうことがあるそうです。そのため、1日10分でも良いので、気楽に歩いてみてください。

 

また、今回ご紹介したウォーキングは、日常的な歩き方を少し変えるだけでもヒップアップできる方法なので、最低でも3ヶ月は続けてみましょう。

 

ヒップアップウォーキングは歩き方を意識するだけ!

ヒップアップ効果のある歩き方をご紹介しました。歩き方を意識するだけで、ヒップアップ効果がグンと高まりますよ。毎日の通勤時間や、日課のウォーキングでぜひ試してみてくださいね。美脚効果やダイエット効果、くびれ効果まであるヒップアップウォーキングでスタイル抜群になっちゃいましょう!