ダイエット

置き換えダイエットと1食抜きはどちらが痩せる?【効果を比較】

ダイエットをするときって、まずは食事制限を考えますよね。

でも、食事制限をするダイエット方法にもいろいろあります。

たとえば、以下のとおり。

  • 糖質制限
  • 断食ダイエット(プチ断食)
  • 炭水化物抜きダイエット
  • カロリー制限
  • 置き換えダイエット
  • 1食抜きダイエット
  • 1日1食ダイエット

この中でも、今回は「置き換えダイエット」と「1食抜きダイエット」は、どちらのほうが痩せるのか比較してみたいと思います。

1食を別の食べ物に置き換えるダイエット方法と、1食を完全に食べないダイエット方法では、どちらのほうが効果的なのでしょうか?

「置き換えダイエット」と「1食抜き」を比較

「置き換えダイエット」と「1食抜きダイエット」には、どのような違いがあるのでしょうか? それぞれどのようなダイエット方法なのか、どのような効果があるのか比較してみましょう。

置き換えダイエットとは?

置き換えダイエットとは、食事を別の食べ物に置き換えるダイエット方法のことです。1日のうち1~2食を別のものに置き換えることによって、太りやすい「脂質」や「糖質」を減らすことができます。

◆置き換える食品の例

置き換えダイエットは、食事を「低カロリーの食品」に置き換えることで摂取カロリーを減らし、痩せる方法です。たとえば、以下のような食品に置き換えます。

  • スムージーなどの「ドリンク」
  • 春雨などの「低カロリーの食品」
  • おかしや食品などの「ダイエット食品」
  • 良質なタンパク質である「プロテイン」
  • バナナなどの「フルーツ」

手軽に置き換えダイエットをするなら、粉末をとかすだけの「ドリンク」や、カロリーを気にせず食べられる「ダイエット食品」がおすすめ。また、グラノーラバーなどの手軽に食べられるダイエット食品も多数あります。

◆置き換えダイエットの効果

置き換えダイエットの効果は、どんな食べ物に置き換えるかによっても変わってきます。また、1日1食を置き換えるのか、2食を置き換えるのかによっても摂取カロリーが変わります。そのため、やり方によってダイエット効果は変わってくるでしょう。

「食事を抜くと空腹がつらい」という人は置き換えダイエットのほうが向いていますが、完全に食べないわけではないため、ダイエット効果はゆるやかです。

1食抜きダイエットとは?

1食抜きダイエットとは、1日3食のうち1食を完全に食べないダイエット方法です。日頃から朝食を食べない人は、朝食を抜いてもダイエット効果がないため、朝食を軽く食べて、昼食か夕食を抜く方法にすると良いでしょう。

◆1食抜きダイエットの効果

1食抜きダイエットの効果は、摂取カロリーを確実に減らせるため、痩せる効果はあります。ただし、食事を減らすことで栄養バランスを崩したり、筋肉量が減ったりしてしまうと、痩せなくなる可能性もあります。

そのため、残りの2食で栄養バランスの良い食事をすることがポイントとなります。

置き換えダイエットの場合は足りない栄養素を置き換え食品で補うことができますが、1食抜きダイエットの場合は完全に食べないので、今まで以上に食事に気を配る必要があります。

場合によっては間食を摂ったり、栄養価の高いドリンクなどを飲むなどして、栄養バランスを整えることも可能です。

「置き換えダイエット」と「1食抜き」はどちらが痩せる?

では、置き換えダイエットと1食抜きでは、どちらのほうが痩せるのでしょうか?

ダイエット効果が高いのは「1食抜き」

ダイエット効果が高いのは、1食抜きダイエットです。ただし、空腹を我慢するストレスを伴うため、つらいと感じる人は多いことでしょう。

途中で挫折してしまうと一気にリバウンドしてしまうリスクがあるため、いきなり1食抜くよりは、置き換えダイエットを選ぶほうがおすすめです。

挫折しにくくダイエットを続けやすいのは、置き換えダイエットです。

目的によって、置き換えたり抜いたりする食事を決める

これら2つのダイエット方法では、どの食事を置き換えたり、抜いたりするかがポイントです。それによって「ダイエット効果」や「空腹感によるストレスの大きさ」が変わってきます。

◆空腹感によるストレスが少ないのは「朝食」

空腹感によるストレスが少ないのは、「朝食」を置き換えたり、抜いたりすることです。朝食はもともと食事量が少ない人が多いので、置き換えたり抜いたりしてもストレスが少ないでしょう。

◆ダイエット効果が高いのは「昼食」か「夕食」

ダイエット効果が高いのは、「昼食」もしくは「夕食」です。食事量がもっとも多い食事を置き換えたり抜いたりすることで、ダイエット効果は格段に上がります。

しかし、そのぶんストレスが大きくなるため、メリット・デメリットがあります。

最初は「朝食」を置き換えたり抜いたりすることからはじめて、様子をみながら「昼食」や「夕食」に変えてみると良いでしょう。

食事制限ダイエットにはデメリットもあるの?

「置き換え」や「1食抜き」のような食事制限ダイエットは、誰でも手軽にはじめられるのがメリット。忙しくて運動できない人や、運動が苦手な人でもダイエットできるのはうれしいですね。

ダイエットの基本は、摂取カロリーより消費カロリーを少なくすることなので、食べる量を減らす「食事制限ダイエット」は、痩せる効果があります。

ただし、食事制限ダイエットには、以下のようなデメリットもあります。

  • リバウンドする可能性がある
  • 栄養不足になりやすい
  • 体調を崩しやすい
  • 空腹を我慢するのがつらい
  • ストレスがたまる

食事の量を減らす「食事制限」は、摂取する栄養も減ってしまうので、栄養不足になったり、体調を崩したりするデメリットがあります。

また、ダイエッターにとって最大のデメリットは、空腹を我慢するのがつらいこと。そして、リバウンドする可能性があることです。

「置き換え」も「1食抜き」もそうですが、食事制限ダイエット中は空腹を我慢するストレスがたまり、そのストレスに耐えかねてダイエットをやめてしまう人も少なくありません。すると、あっという間にリバウンドしてしまうので、食事制限は自分に合った方法を選ぶことが大切です。

食事制限は自分に合った方法を選ぶのが大事!

今回のテーマである「置き換えダイエット」と「1食抜きダイエット」は、どちらのほうが痩せるのか? という結論は、「1食抜きダイエット」に軍配が上がりました。

しかし、どちらにもメリット・デメリットがあるため、自分に合ったダイエット方法を選ぶことが大切です。空腹を我慢するのがつらい人は「置き換えダイエット」、ダイエット効果を高めたい人は「1食抜きダイエット」がおすすめですよ!