ダイエット

ハーブティーダイエットの効果とは?おすすめハーブと効果的な飲み方

f:id:m-danjyo:20170727082739j:plain

ハーブティーの効果でリラックスダイエット!

美容や健康に良いハーブティーですが、ダイエット効果もあるのをご存知ですか?

ハーブティーはリラックス効果がメインですが、代謝をアップしたり、食欲を抑えたり、便秘を解消したりする効果のあるハーブティーもあります。

でもハーブティーは種類が多くて、どれを飲んだら良いのかわからないですよね。

そこで今回は、ハーブティーダイエットの効果とやり方についてご紹介します。

ダイエットにおすすめのハーブティーはどれなのか、効果的な飲み方はどうすれば良いのかについて見ていきましょう。

ハーブティーを飲むことで効果が得られるのはもちろん、ハーブティーの香りにも効果があります。

また、可愛い花を咲かせるハーブも多いので、自宅でハーブを栽培して花の香りを楽しんだり、観葉植物として飾ったりすることもできます。

いろいろな楽しみ方のあるハーブで、ついでにダイエット! それくらい気軽にはじめてみましょう。

ハーブティーダイエットとは?

f:id:m-danjyo:20190711181219j:plain

ハーブティーは、リラックス効果や安眠効果がある飲み物というイメージがあると思いますが、数あるハーブの中には、ダイエットに効果的なハーブがあります。

そんなハーブの効能を利用したダイエット方法が、ハーブティーダイエットです。

今やハーブは手軽に手に入るものが多く、自分で栽培することもできます。そのため、生活に取り入れやすく、気軽にはじめられるダイエットといえるでしょう。

即効性はありませんが、ハーブの効果で痩せやすい体質へと導いていくため、リバウンドしにくいことがハーブティーダイエットのメリットです。

ハーブティーダイエットの効果

では、ハーブティーダイエットには、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか? ハーブがもたらすダイエット効果についてご紹介していきます。

デトックス効果

ハーブティーにはデトックス効果の高いものが多く、ダイエットを強力に後押ししてくれます。

体内にたまった老廃物を排出することで血流がスムーズになり、代謝をアップして痩せやすい体をつくることができます。

脂肪燃焼効果

血行が良くなり、代謝がアップすれば、脂肪を燃焼する効果も高まります。脂肪燃焼効果が高まれば、消費カロリーがアップしたり、脂肪が体につきにくくなる効果も期待できます。

温かいハーブティーを飲むことで基礎代謝もアップし、痩せやすい状態へと導いてくれるでしょう。

便秘解消効果

ハーブティーダイエットは、悪化した腸内環境を改善し、体内にたまった毒素を排出する効果が期待できます。

つまり、ダイエットの大敵である便秘を解消する効果が期待できるのです。

ハーブは天然のものなので、市販の下剤を飲むよりも体に負担がかからず、自然に便秘を解消してくれるのがメリットです。

食欲を抑える効果

ハーブティーの中には、食欲を抑える効果のあるものがあります。そのハーブティーを食事の30分前に飲むことで、自然と食べ過ぎを防止することができるのです。

無理な食事制限はストレスがたまり、失敗する原因になりますが、ハーブティーダイエットなら無理なく食欲を抑える効果が期待できます。

冷え性改善・美肌効果

ハーブティーダイエットには、美容や健康にもうれしい効果があります。

ハーブティーには血行を促進する効果があるため、冷え性を改善したり、美肌になったりする効果が期待できます。

また、ビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれているハーブティーもあるため、体の中からきれいにしてくれます。

リラックス効果

ダイエットをしていると、食欲を我慢することでストレスがたまることも多いですよね。そんなイライラを解消して、リラックスさせてくれるのがハーブティーダイエットの効果です。

気持ちを落ちつかせる効果のあるハーブティーを飲めば、ダイエット中のストレスを解消してくれるでしょう。

ハーブティーダイエットにおすすめハーブ

ハーブティーダイエットにおすすめのハーブティーをご紹介します。

フェンネル

f:id:m-danjyo:20190711184419j:plain

フェンネルは、ダイエット効果のあるハーブティーの代表格です。血行を促進することでむくみや冷え性を改善し、代謝をアップさせることでダイエット効果が期待できます。

また、消化を促進する効果もあるので、食べ過ぎた後に飲むのも効果的。スパイシーな甘い香りが特徴です。ただし、妊娠中は控えるようにしましょう。

レモングラス

レモングラスは、レモンのようなさわやかな香りが特徴で、ハーブティー特有のクセはほとんどありません。そのため、初心者でも飲みやすいのがポイント。

レモングラスは新陳代謝を活発にし、リンパの流れを良くする効果があります。

リンパの流れが悪くなると、むくみや代謝の低下を引き起こし、ダイエット効果下がってしまいます。

それを防ぐためにも、レモングラスのさわやかな香りを楽しみながらハーブティーダイエットに取り組んでみましょう。

ネトル

ネトルは、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているハーブティーで、デトックス効果が期待できます。

利尿作用があり、体内の余分な水分を排出し、むくみを解消することで代謝をアップしてくれます。

味にクセがなく、飲みやすいので、ハーブが苦手な人や初心者でも気軽に飲めるハーブティーです。

カモミール

f:id:m-danjyo:20190711183622j:plain

カモミールは、リラックス効果や安眠効果があることで知られているハーブティーですが、ダイエットにも効果的です。なぜなら、ダイエットにはストレスが大敵だからです。

気持ちが落ちついて安眠効果がアップすると、食欲を増進させるホルモンの分泌を抑えることができます。

その結果、食べ過ぎを防ぐことでダイエット効果が期待できるのです。

ローズマリー

f:id:m-danjyo:20190711184404j:plain

ローズマリーにはデトックス効果があり、体の中からキレイに痩せる効果が期待できます。

ローズマリーには便秘解消や脂肪燃焼に効果のある「フラボノイド」などの成分が含まれているため、ダイエット効果があると言われています。

また、香りが強くリラックス効果もあるので、ダイエット中のストレス解消にも効果的です。

ハイビスカス

ハイビスカスは鮮やかな赤色が特徴的で、女性に人気のハーブティーです。

ハイビスカスといっても、真っ赤な花を咲かせるハイビスカスではなく、「ローゼル」というハイビスカスに近い植物を乾燥させたものです。

ハイビスカスには「カリウム」や「クエン酸」が含まれていて、便秘やむくみの解消、血行促進などの効果があることから、代謝をアップさせる効果が期待できます。

ハーブティーダイエットのやり方

ハーブティーダイエットのやり方は、きわめて簡単です。ただ飲むだけ。でも、飲み方にいくつかのポイントがあるのでご紹介します。

ダイエット効果の高いハーブティーを選ぶ

f:id:m-danjyo:20190711183546j:plain

ハーブティーダイエットをするなら、まずはダイエット効果の高いハーブティーを選ぶことが大切です。

6種類のおすすめハーブをご紹介したので、その中から好きな物を選び、飲んでみましょう。

それ以外にもダイエットに関連するハーブティーがあるので、効能をチェックして好きなハーブティーを選びましょう。

食前に飲む

ハーブティーを飲むタイミングは、食前がベスト。食前にハーブティーを飲むことで、ハーブティーの効果を存分に吸収することができるからです。

また、ハーブティーは1日に数杯飲むのがポイント。

いくら効果の高いハーブティーでも、1杯だけではあまり効果が期待できません。朝・昼・夜の1日3回くらいが良いでしょう。普段の飲み物をハーブティーに置き換えてみてくださいね。

ハーブティーの淹れ方

f:id:m-danjyo:20190711183602j:plain

ハーブティーには、「ドライハーブ」と「フレッシュハーブ」があります。

ドライハーブとはハーブを乾燥させたもので、フレッシュハーブとは生のままのハーブの葉や花のことです。

また、茶葉をそのまま使う場合と、ティーバッグになっているものがあります。どちらも効能は同じですが、ティーバッグの場合はいくつかのハーブがブレンドされているものが多いでしょう。

ドライハーブティーの淹れ方

ドライハーブティーは、茶葉などを乾燥させることで成分が凝縮されています。そのため、ハーブティーの効果を存分に発揮させるには、ドライハーブティーのほうがオススメ。

  1. あらかじめティーポットにお湯を入れて温めておきます。
  2. お湯を沸かし、沸騰させます。
  3. ティーポットのお湯を捨て、カップ一杯分につき、ドライハーブをスプーン一杯ほど入れます。
  4. そこにお湯を注ぎ、フタをして5分くらい蒸らします。
  5. カップにもお湯を注ぎ、温めておきます。
  6. 5分たったらカップのお湯を捨て、ティーポットのハーブティーをカップに注ぎましょう。

フレッシュハーブもドライハーブも、濃い目にしたい場合には少し長めに蒸らしても良いでしょう。

ただし、あまり長く蒸らすと「えぐみ」が出てきてしまうので、5分くらいがちょうど良いです。

フレッシュハーブティーの淹れ方

ドライハーブに比べて、フレッシュハーブのほうが成分が抽出しにくいので、茶葉の量を2倍にします。

基本の淹れ方は、ドライハーブティーと同じです。お湯を沸かしている間に、フレッシュハーブを洗って水気を吸い取っておきましょう。

葉が大きいものはハサミでカットするか、手でちぎります。

ティーバッグの場合も、基本のハーブティーの淹れ方は同じです。

アイスティーの淹れ方

ダイエット効果を期待するなら、ハーブティーをホットで飲むのがオススメです。体が温まることで、代謝がアップするからです。

でも、アイスティーとして飲んでも、ハーブ自体の効能は変わりません。

アイスティーを作る場合は、ホットの2倍の茶葉を使用して蒸らしましょう。あらかじめグラスを冷やしておき、氷をたっぷりと入れてハーブティーを注ぎ入れます。

ホットとはまた違った風味を楽しむことができます。

また、色が出てくるのを楽しむのも、ハーブティーを淹れるときの醍醐味。

ホットの場合もアイスの場合も、ガラスのティーポットを使って、色が出てくる時間を楽しみながらリラックスして待ちましょう。

ハーブティーの飲み方

f:id:m-danjyo:20190711184342j:plain

ハーブティは、1日に数回に分けて飲むと良いでしょう。朝昼晩の食前に飲むと、ダイエット効果がアップします。

また、仕事中に一息つくときのお茶代わりに飲んでも良いでしょう。あまり飲み過ぎるのは良くありませんが、適量ならある程度の量を飲んでもOKです。

同じ種類のハーブティーばかりを飲むのではなく、いくつかの種類をローテーションで飲むと、色々なハーブの効果を得ることができます。

ハーブティを飲みはじめて3ヶ月くらいたつと、じわじわと効果が現われてくるので、即効性を期待せず、気長に体質を改善していきましょう。

またハーブの香りにも効能が含まれているため、香りを楽しみながら、リラックスして飲むと効果的ですよ。

ハーブティーダイエットの注意点とポイント

ハーブティーダイエットの注意点とポイントについてご紹介します。

飲みすぎないように注意

ハーブティーはダイエットに効果的ですが、早く効果が欲しいからといって飲みすぎないように注意しましょう。

お茶代わりに飲んでも問題ありませんが、いくらでも飲んで良いものではありません。

ハーブティーには利尿作用の高い種類も多く、水分不足になる恐れもあります。ハーブティーばかり飲むのではなく、水も並行して飲むと良いでしょう。

3ヶ月は飲み続けること

ハーブティーは、すぐに効果の出るものではありません。

そのため、最低でも3ヶ月くらいは飲み続けるようにしましょう。1~2ヶ月続けて「効果がない」とあきらめてしまう人も多いですが、3ヶ月くらいは続けてみましょう。

ゆるやかに痩せていくことで、リバウンドを防ぐ効果もあります。さまざまなブレンドを試してみたりしながら、楽しんでハーブティーダイエットを続けてみてくださいね。

焦らずに、体質を改善していくことを目指しましょう。

薬との飲み合わせや持病への影響

ハーブティーの中には、薬との飲み合わせが悪かったり、持病に悪影響を与えるハーブティーもあります。

医師でもハーブティーについての知識がない場合もあるので、薬の服用中はハーブティーを控えることをオススメします。

また、ハーブティーを飲みはじめて異変を感じた場合には、医師に相談するようにしましょう。

妊娠中や授乳中は控える

ハーブティーの中には、子宮を収縮させる作用のあるハーブティーがあるため、妊娠初期~中期に飲んでしまうと胎児に悪影響を及ぼす場合があります。

そのため、妊娠中はハーブティーを飲むのを控えましょう。

また、授乳中もできればハーブティーを飲むのは控えたほうが良いかもしれません。

副作用はないが、体質に合わない場合もある

ハーブティーは天然の植物ですから、基本的に副作用はありません。ただし、ハーブの有効成分が体質に合わない場合もあります。

そのため、飲んでいて体調が悪くなった場合には、すぐに飲むのを中止しましょう。

ハーブティーで心も体もリラックスダイエット

ハーブティーダイエットの効果やおすすめハーブ、効果的な飲み方などについてご紹介しました。ハーブティーには様々な効果がありますが、好きな香りや美味しく飲めるハーブティーを選ぶほうがオススメです。ぜひ、お気に入りのハーブティーを見つけてみてくださいね。

ダイエット中は空腹感でイライラしてしまうことも多いので、そんなイライラ解消にも役立ちます。また、リラックスすることで血行が良くなり、代謝もアップします。むくみ予防にも効果的なので、ハーブティーを上手に毎日の生活に取り入れて、リラックスしながらダイエットを成功させましょう!