仕事・人間関係

教え上手になる方法|これを実践すれば誰でも教えるのがうまくなる

人に何かを教えるのって、本当にむずかしいですよね。

後輩や部下に仕事を教えるとき、うまく説明できなかったり、相手にきちんと理解してもらえなかったりすると、教えることに苦手意識を持ってしまう場合もあるでしょう。

しかし、世の中には「教え上手」な人がいます。

教え上手になれば、後輩や部下から頼りにされるのはもちろん、仕事の成果を上げることにもつながります。

そこで今回は、誰でも教え上手になる方法についてご紹介します。

ちょっとしたコツを実践するだけで、誰でも簡単に教えるのがうまくなりますよ!

教え上手になるために、もっとも重要なポイント!

誰かに何かを教えるときに、もっとも重要なポイントは「相手の立場に立って考えること」です。

教わる人の気持ちや状況をきちんと把握して、相手に合った教え方をすることが大切なのです。

もし相手の立場に立つことができなかったら、何を教えてもまったく相手に伝わることはありません。

教えるのが下手な人は、相手の立場に立つことができずに、独りよがりの教え方になってしまうことが多いのです。

たとえば、教えるのが下手な人の特徴として挙げられるのは、高圧的であったり、専門用語ばかりを並べたりすること。

教える側はどうしても上から目線になりがちですが、これは相手の立場に立っていない典型的な例の1つ。相手が怖がったり、委縮したりしてしまったら、何を教えても頭に入らなくなります。

また、専門用語ばかり並べられると思考が停止して、覚えることをあきらめてしまうことも。

このように、相手の立場に立てない人は、せっかく教えても相手の身につくことはなく、教える労力が無駄になります。

そうならないためにも、誰かに何かを教えるときには、必ず「相手の立場に立って考える」ことを肝に銘じておきましょう。

教え上手になる方法

では、どうすれば教え上手になることができるのでしょうか? 誰でも簡単に教え上手になる方法についてご紹介します。

相手の理解度をチェックする

頭の回転が速い人がやりがちな失敗例は、相手の理解度をチェックしないことです。相手が理解しているかチェックしないと、いくら熱心に教えても何も伝わりません。

相手が理解しているかチェックする方法は、「ここまででわからないことはありますか?」と質問すること。相手が頷きながら聞いていたとしても、理解しているとは限らないので注意しましょう。

ここで1つ、NGな聞き方をご紹介します。それは「わかりましたか?」と聞くこと。

「わかりましたか?」と聞かれると、条件反射で「はい」と答えてしまうことが多く、しかも「わかりません」と言いにくくなります。

そのため、「質問はありますか?」「わからないところはありますか?」などと聞くようにしましょう。

相手の「頭の回転の速さ」に合わせる

頭の回転の速さは、人それぞれ違います。頭の回転の速い人が、必ずしも頭が良いとは限りませんが、相手の頭の回転の速さに合わせた教え方をするのがコツ。

頭の回転が速い人は、1つ1つゆっくり教えられるとイライラしたり、気が散ったりして怠けてしまいがちです。そのため、頭の回転が速い人にはテンポよく進めていくことが大事。

逆に、頭の回転が遅い人は、ゆっくりと自分の頭の中で考えながら進めていきたいタイプ。1つ1つをじっくりと思考し、理解しながら進めていきたいので、十分な時間が取れるようにするとベストです。

このように、相手が望むペースに合わせて教えていくことが、教え上手になるためには重要です。

相手を褒める

教え上手になるためには、相手を褒めることが大事。人は褒められるとうれしくなるので、どんどんやる気が出て、今やっている仕事を好きになります。

好きになれば、上達するのはむずかしくありません。人は、「楽しい」と思えることはどんどん吸収することができるからです。

逆に、教えるのが下手な人は相手を褒めないので、今やっている仕事を嫌いにさせてしまいます。

人は、「わからない」「できない」というストレスがかかると、「自信」や「学ぶ意欲」を失ってしまうからです。

すると、学ぶことをあきらめてしまうようになり、何を教えても頭に入らなくなります。

そのため、上手に相手を褒めながら教えていくことが、教え上手になるコツ。

褒め方の一例を挙げると、「しっかり理解できていますね」という感じで、相手が理解していることを「認めてあげる」と良いでしょう。

相手を認めて褒めてあげることで、「自分にはできる」という自信がついてきます。すると学ぶ意欲も高まるので、どんどん上達していくことができるでしょう。

全体像から教える

教え上手になるコツは、まずは全体像から教えることです。何もわからない人に、具体的な工程をどんなにていねいに教えても、全体像がわかっていないと「何のための仕事」なのかイメージできません。

何のための仕事なのかわからないと、その仕事の目的がわからずに、教える側と教わる側とで目的が食い違ってしまうこともあります。

また、全体像がわからないと臨機応変な対応ができなくなるので、何か問題が起きたときに対処できないというデメリットも。

まずは大まかな流れをざっくりと説明し、次に細部を詳しく説明していく……という手順がわかりやすいでしょう。

さらに、「これぐらいは知っているだろう」という期待は禁物。教える人にとっては常識でも、教わる人にとっては「はじめて聞く情報」ということは良くあります。

そのため、相手が何もわからないことを前提に教えることがポイントです。

具体例を挙げる

教え上手になるためには、具体例を挙げることが大事。抽象的な言葉で説明されただけでは、具体的なイメージができません。

具体的なイメージができないと、何となく理解はできても、納得できないことがあるのです。つまり、「わかりにくい」ということ。

人の脳はすでに完成されたイメージを持っていて、そのイメージとつながる具体例を提示してあげると格段にわかりやすくなります。

具体例を使うコツとしては、誰でも知っていることや、誰でも理解できることを例にすること。

身近なものや、良く知っていることに例えることによって、むずかしい事柄でも理解しやすくなります。

適度な緊張感をもたせる

相手の立場に立つことが大事だといっても、相手に優しくしすぎるのはNG。教える立場の人が優しすぎると、相手は「やらなくても大丈夫。怒られない」と思ってしまうからです。

やらなくても大丈夫だと思うと向上心がなくなり、それ以上成長することができません。そのため、適度な緊張感をもたせることが教え上手になるコツです。

もちろん、厳しすぎるのもNG。あなたのことを「怖い」と思ってしまうと、怒られたくないから頑張ってくれるでしょう。

しかし、その仕事を嫌いになってモチベーションを保てなくなり、結果的に挫折してしまいます。委縮していると、良いアイデアも浮かばず、自主性も保てないからです。

そのため、適度な緊張感は相手のやる気を引き出すために必須。相手を優しく承認しつつ、適度に厳しくする。これが教え上手になるコツです。

イライラしない

何度教えても覚えてくれないときは、どうしてもイライラしてしまうかもしれません。こちらも人間ですから、我慢の限界があるのはわかります。

しかし、できないことを理由に相手を怒ったり、イライラしたりしてはいけません。

相手が一生懸命やろうとしているのは事実ですし、わざとできないフリをしているわけではないからです。ただ、できないだけなのです。

それなのに、教える側がイライラしてしまうと教わる人は委縮してしまい、失敗を恐れたり、自信を失くしたりして余計にできなくなる可能性があります。

そのため、何度教えても覚えてくれないときは、むしろ「自分の教え方に問題があるのでは?」と疑ってみるくらいの意識が大切です。

誰でも今日から教え上手になれる!

教え上手になる方法についてご紹介しました。教えるのがうまい人と下手な人の大きな違いは、相手の立場に立てるかどうかです。「相手の立場に立つ」とは、相手の理解度を小まめにチェックし、相手のペースに合わせ、相手を上手に褒めること。この3つができれば、きっとあなたの言いたいことは相手に伝わるはずですよ。誰でも今日から実践できることなので、ぜひチャレンジして教え上手を目指しましょう! 人間関係も仕事もうまくいきますよ。