ライフスタイル

【免疫力を高める食べ物特集】毎日の食事でウィルス対策をしよう!

私たちの体は、食べ物によってつくられます。そのため、毎日の食事で何を食べるかが健康状態を大きく左右するのです。

新型コロナウィルスが猛威をふるう中、ウィルス対策として有効なのが「免疫力を高めること」。

そこで今回は、メディカルフードコーディネーターの資格を持つ私が「免疫力を高める食べ物」についてご紹介します。

免疫力を高めて自分や家族の健康を守ろう!

世界的に猛威をふるっている新型コロナウィルスに対抗するためには、免疫力を高めることが重要だと言われています。

しかし、外出を自粛することでストレスがたまったり、仕事で疲れていたりすると免疫力は低下してしまいます。

免疫力を高めるためには、ストレスや疲れを解消するとともに、毎日の食事で何を食べるかが重要なポイントになります。

つまり、免疫力を高める食べ物を意識して取り入れることで、自分や家族の健康を守ることにつながるのです。

免疫力を高める食べ物

では、免疫力を高める食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか? その食材に含まれているおもな栄養素とともにご紹介します。

納豆(タンパク質)

私たちの体のほとんどはタンパク質からつくられているため、タンパク質は欠かせない栄養素です。タンパク質は、肉や卵、乳製品などに多く含まれています。

また、大豆製品にも植物性タンパク質が含まれていて、その中でも免疫力アップにおすすめなのが「納豆」。

納豆にはタンパク質のほか、乳酸菌や食物繊維などが含まれていて、腸内環境を整える効果が期待できます。

発酵食品(乳酸菌)

発酵食品には、腸内環境を整える効果があります。発酵食品には乳酸菌などの「善玉菌」が含まれているため、便秘を解消することで免疫力を高める効果が期待できるのです。

発酵食品にはキムチやヨーグルト、味噌や醤油などがあり、これらを摂ることで腸内環境を整える効果が期待できます。

緑黄色野菜(ビタミンA・βカロテン)

カボチャやニンジン、ほうれん草やピーマンなどの「緑黄色野菜」には、βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去することで病気を予防する効果が期待できます。

また、βカロテンが含まれる食材を摂ると、体内で必要な量だけ「ビタミンA」に変換されます。ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にする効果があり、免疫力を高めるのに役立つ栄養素です。

アボカド(ビタミンC・ビタミンE)

アボカドにはビタミンEが豊富に含まれていて、アンチエイジング効果が高いことで知られている食べ物です。その理由は、ビタミンEによる抗酸化作用が高く、新陳代謝を活発にする効果があるからです。

代謝が活発になれば、細胞の生まれ変わりが促進され、免疫力を高めることができます。

また、アボカドにはビタミンCも含まれていて、免疫細胞を活発にする効果があります。ストレスや疲れがたまっているときは、ビタミンCを摂ることで回復しやすくなりますよ。

食べ物以外で免疫力を高める方法

では、食べ物以外で免疫力を高める方法はあるのでしょうか?

体を温める

免疫力を高めるには、体を温めることが大切です。体温が1℃上がることで、免疫力が30%アップすると言われています。そのため、お風呂などで体を温めましょう。

寒い冬はもちろんのこと、夏でも体は意外と冷えています。とくに女性は冷え性の人が多く、最近では平熱が低い「低体温」の人も増えています。

夏でもしっかりと湯船に浸かり、体を温めることで免疫力を高めましょう。

家にこもりきりでストレスがたまっているときは、お風呂に入ることでリラックス効果も得られますよ。

腸内の善玉菌を優勢にする

免疫力には、腸内細菌が深く関わっています。腸内の善玉菌が優勢になれば、腸内環境が整うことで便秘を解消できます。便秘が解消されると老廃物や毒素が排出され、免疫力を高めることができます。

腸内の善玉菌を増やすには、先ほどご紹介した発酵食品を摂るとともに、食物繊維が豊富な食べ物も積極的に摂るようにしましょう。

ただし、食物繊維は腸内の水分を吸ってふくらむため、食物繊維を食べたときは水も一緒に飲むようにしましょう。水分が足りないと、かえって便秘になってしまう場合もあります。

新陳代謝を活発にする

「新陳代謝を活発にする」と聞くと、「汗をたくさんかいてダイエット効果を高める」とイメージする人が多いと思いますが、それだけではありません。

新陳代謝が活発になれば、細胞が新しく生まれ変わって血液や肌、内臓などの機能を正常に保つことができます。

新陳代謝を活発にするためには、適度な運動をして体を動かすことが効果的です。ウォーキングをしたり、軽い筋トレをしたりすることで免疫力を高めましょう。

ぐっすりと眠る

睡眠不足や疲労がたまっている状態は、免疫力を低下させます。そのため、ぐっすりと眠って疲労を回復させることが免疫力アップには欠かせません。

また、日中に睡眠をとるのではなく、夜にしっかり眠ることで自律神経のバランスが整い、免疫力を高めることができます。

自律神経はおもに体温調節をする役割がありますが、ストレスとも深く関わっています。自律神経を整えることでストレスを緩和し、免疫力を高めることができるのです。

免疫力を高めてウィルス対策をしよう!

免疫力を高める食べ物と、食べ物以外で免疫力を高める方法についてご紹介しました。免疫力を高めることは、ウィルス対策に欠かせません。発酵食品や抗酸化食品を中心に摂取し、運動や睡眠などの生活習慣で免疫力を高めていきましょう。