ダイエット

朝バナナダイエットの効果とメリット!効率的に痩せるための秘策があった

f:id:m-danjyo:20170525195508j:plain

バナナダイエットって朝と夜の両方ありますよね。

今回は朝バナナダイエットについて、ご紹介していきます。

一時期かなりの人気になったダイエット方法ですよね。人気のヒミツは、いくつかあります。

  • 続けやすいから
  • 安いしカンタンにできるから
  • 満腹感があるから

などですね。

では、バナナがダイエットに良い理由と、どんな効果があるのかご紹介していきましょう。

なぜバナナがダイエットに良いの?

バナナがダイエットに良い理由をご紹介していきましょう。

栄養価が豊富で低カロリー

バナナがダイエットに良い理由は、栄養価が高いのに低カロリーだからです。甘いし、お腹いっぱいになるので高カロリーのイメージですよね。

でもバナナ1本で約80キロカロリーと、意外と低カロリーなんです。そのためダイエットに最適なんですね。

消化が良く胃腸を休める

朝バナナダイエットの効果は、消化が良いから胃腸を休めることができるということ。胃腸を休めることで、栄養が吸収されやすくなります。

また腸内環境が良くなることで便秘も解消されやすくなり、免疫力もアップします。

カリウムが豊富でむくみ解消の効果がある

バナナにはカリウムが豊富に含まれているので、むくみを解消してくれます。血行を促進して、老廃物を体内から排出してくれるはたらきがあるんです。

それはダイエットには、うれしい効果ですよね。むくみが解消されると、代謝がアップして痩せやすくなります。

ヒスタミンで満腹感アップ

バナナにはヒスチジンという成分が含まれています。ヒスチジンはアミノ酸の一種で、脳内でヒスタミンに変化します。

ヒスタミンは食欲をおさえるはたらきがあるため、満腹感を与えてくれる作用があります。そのため食べ過ぎを予防してくれるんですね。またダイエットのつらい空腹感もやわらげてくれます。

血糖値が上がりにくい低GI食品

バナナは高カロリーのイメージがありますが、じつは血糖値の上昇をおさえる「低GI食品」なんです。糖尿病の改善にも役立つ食べ物ということですね。

血糖値が上がりにくいということは太りにくく、脂肪もたまりにくいということです。まさにダイエット向きの食材だったんです。

朝バナナダイエットのメリット

朝バナナダイエットのメリットは、まだ他にもあります。

忙しい朝の時短になる

朝バナナダイエットは、皮をむいて食べるだけなので、忙しい朝にはピッタリの朝食です。朝からいろいろと準備しなくて良いので、時短にもなりますよね。

朝バナナダイエットは、忙しい現代人にピッタリのダイエット方法です。またバナナは持ち運びできるのも嬉しいですね。会社に着いてから食べることもできるでしょう。

食物繊維が豊富なので便秘解消になる

朝バナナダイエットのメリットは、便秘解消効果があることです。バナナには食物繊維が豊富に含まれているので、腸のはたらきを良くして便秘を解消してくれます。

また食物繊維は満腹感を増してくれるので、ダイエット向きの食材なんですね。水と一緒に食べることで、さらに満腹感は増します。

セロトニンでストレス解消

朝バナナダイエットのメリットは、ダイエット効果だけでなく、そのほかの健康効果も高いんです。とくにバナナにはトリプトファンが含まれていて、セロトニンの分泌を促してくれます。

セロトニンとは幸福感を増してくれる脳内物質ですので、ストレスを解消して精神を安定させてくれるはたらきがあるんです。

朝バナナダイエットのやり方

朝バナナダイエットのやり方は、むずかしいことは何もありません。基本的には、バナナを食べるだけです。

朝食にバナナ1~2本を食べて水を飲む

朝バナナダイエットのやり方は、朝食にバナナを1~2本食べるだけのカンタンなダイエット方法です。

でも本数は決まっていません。つまり何本食べても良いということ。しかしバナナの食べすぎは良くありませんので、1~2本にしておいたほうが良いでしょう。

間食は1種類まで

朝バナナダイエットのやり方は、間食は1日1回1種類までOKだと言われています。1種類であれば何でもOKなので、ケーキでもスナック菓子でも良いということになります。

でも高カロリーのお菓子は、なるべく控えたほうが良いでしょう。週に数回程度ならOKですね。

また間食の量が多すぎると、そもそもダイエットにはなりません。「じゃぁ、どんな間食ならいいの?」と思いますよね。おすすめの間食をご紹介しておきます。

・おすすめの間食

朝バナナダイエットにおすすめの間食は、「カカオ含有量が70%以上のチョコレート」「ドライフルーツ」「フレッシュフルーツ」などです。また「ナッツ類」「和菓子」などもベターですね。

夜はおそくとも20時までに食べる

朝バナナダイエットのやり方は、夕食はおそくとも20時までに食べることです。朝バナナダイエットでは、20時以降は何も食べないように推奨されています。

もし20時が無理でも、寝る4時間前までには夕食を終わらせておくようにしましょう。

寝るまでに消化が終わっていることがベストです。

おそくとも0時までには寝る

f:id:m-danjyo:20170525153639j:plain

朝バナナダイエットのやり方は、0時までには寝ることです。それ以上起きていると、成長ホルモンが分泌されなくなります。

22~2時に眠っていることで、美肌効果や病気予防などの効果が得られます。

また体のさまざまな機能を正常にしてくれるので、痩せやすい体を作ってくれると考えられます。

朝バナナダイエットは、体が健康でないと効果が発揮されにくいという特徴があるそうです。

昼食と夕食はふつうに食べてOK

朝バナナダイエットのやり方は、昼食と夕食はふつうに食べてOKということです。その場合には、なるべく栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

早くダイエット効果を出したいからと言って、朝バナナのほかの食事をサラダだけにするなど、偏った食事をするのはNGです。

栄養バランスがわるいと、そもそも痩せにくくなってしまうんです。だから昼食と夕食はふつうに食べましょう。

炭水化物もタンパク質も必要です。昼食は炭水化物多め、夕食は野菜多めなどにすると、痩せやすくなると考えられます。

バナナダイエットの効果アップの秘策

バナナダイエットの効果をアップさせる秘策をご紹介します。方法は2つです。

①食前にバナナを食べる

ふつうのバナナダイエットのやり方とは別に、食前にバナナを食べるという方法です。

先述のとおり、バナナにはヒスチジンが含まれていて、食欲をコントロールするはたらきがあります。

そのため食前にバナナを食べることで満腹感を出し、食事の食べすぎを防ぐはたらきがあると考えられるんです。

②運動前にバナナを食べる

こちらもふつうのバナナダイエットのやり方とは別に、運動前にバナナを食べるという方法です。バナナにはビタミンB群やアミノ酸が含まれています。

どちらも代謝をアップして、脂肪を燃焼させるはたらきがあります。

そのため運動前に食べることで、効率的にダイエットできると考えられるんです。

ぜひお試しくださいね。

バナナダイエットの注意点は?

バナナダイエットをする上での注意点をご紹介します。

食べ過ぎると結石になることも

バナナダイエットの注意点は、食べ過ぎると尿路結石になる危険があるということです。またバナナに豊富に含まれるカリウムも、摂りすぎは良くありません。

体に良い食べ物でも、過剰になると良くない作用があるということなんですね。

体を冷やすので冷え性の人は注意

バナナダイエットの注意点は、体を冷やす効果があることです。バナナは熱帯地域の食べ物ですから、暑い場所で栽培されています。

そのため体を冷やす作用があると言われているんですね。

冷え性の人は、食べ過ぎると症状が悪化することが考えられるので注意が必要です。

朝バナナダイエットは健康効果バツグン!

f:id:m-danjyo:20170525201818j:plain

朝バナナダイエットの効果とやり方をご紹介しました。

朝にバナナを食べるだけの簡単なダイエット方法です。でも食べ過ぎには注意が必要ですから、気をつけましょうね。

バナナにはさまざまな栄養が含まれていて、健康効果がバツグンに良いんです。だからこそ適量をまもって、正しくダイエットを続けましょうね。