恋愛

モテるブス女子は圧倒的な○○がある!そりゃ美人でも勝てないよね

f:id:m-danjyo:20190801102052j:plain

モテるブスが美人よりもモテる本当の理由

「ブスな女に彼氏を取られた!」と、なげいている美人を見たことはありませんか?

それは単なる「性格の良さ」だけが理由ではありません。実は、モテるブスが美人よりもモテる「本当の理由」が存在するのです。

 

ブスな女子は、人生で「あるターニングポイント」を通過します。そこで道を間違えると、一生どん底の人生になってしまいますが、正しい道を選択すると、素晴らしい未来が待っているのです。

 

一方、そこそこ美人なのにモテない女子は、ターニングポイントがあることにも気づかずに、そこそこ楽しい毎日を過ごします。しかし、その先には最悪な人生の末路が待っているのです。この差は、いったい何なのでしょうか?

 

そして、あなたならどちらの道を選びますか?

 

モテるブス女子は圧倒的な「モテたい意欲」がある!

f:id:m-danjyo:20190731191425j:plain

モテるブスが美人よりもモテる本当の理由は、圧倒的な「モテたい意欲」があることです。女に生まれたからには、一生ブスのままじゃ終われない。だからモテたいと強く願うんです。

 

では、なぜ「モテたい意欲」があるとモテるのか?

それは、人に好かれようと努力するから。

 

その努力に注ぎ込むパワーが、美人の何倍もあるんです。

男の子にモテるだけでなく、女の子からも好かれたい。

彼氏も欲しいし、友達も欲しい。

この思いは、のうのうと生きてる中途半端な美人には、とうてい勝てないくらいのパワーがあります。

 

だって、いじめられて一生を過ごすなんて耐えられないから、すごいパワーを発揮するんです。その結果、努力が実り、モテるブスが美人よりもモテるようになります。

 

では、どうやってブスがモテるブスになったのでしょうか?

それは、人生のターニングポイントで正しい道を選んだから。

 

そのターニングポイントは、ブスだけでなく、すべての女性に訪れる人生の岐路。そのターニングポイントを見逃さなければ、誰でもモテる女子になれるんです!

 

モテるブスが選んだターニングポイントとは?

f:id:m-danjyo:20190801124058p:plain

モテるブスは、人生におけるターニングポイントをうまく通過してきた女性です。そのターニングポイントとは、一体いつなのでしょうか?

それぞれのターニングポイントで、モテるブスが選んだ道について見ていきましょう。

 

小中学校でいじめられる

モテるブスは、小中学校でいじめられた経験がある人が多いはず。絶対にクラスに1人はいた「ブ~ス!」とか言って女の子をいじめる男子。覚えてますか?

 

たまに好きな女の子をわざといじめる「ひねくれ者男子」もいるけど、顔がブサイクというだけでいじめる「クズ男子」がいたはず。

 

子どもの頃は、顔などのわかりやすい部分を見て、とても短絡的に人をいじめる残酷な時期です。小中学生はまだ精神が未熟だから仕方ないけど、いじめられた子は心に深い傷を負ってしまいますよね。

 

ブスな女子は、そこをどんな気持ちで乗り越えていくんでしょうか? 実は、これが人生最大のターニングポイントなんです。

 

いじめられたブス女子は、それは大きなショックを受けたはず。でも、そこで考えます。「自分はこのまま一生いじめられるんだろうか?」と。

 

そこで2つの分かれ道が見えます。あなたなら、どちらの道を進みますか?

 

①ブスな顔は変えられない。だったらブスでも人に好かれる方法を考えよう!

 

②ブスなのは私のせいじゃない。だからいじめる奴のほうが悪い。

 

これが、人生でもっとも大きなターニングポイント。ここで①を選んだ女性は、一念発起して自己改革をはじめます。

 

色々と試行錯誤をして、どんな態度が好かれるのか研究します。それは、「可愛く見える仕草」などの見た目のことではなく、「いい子だな」と思われるような内面磨きにポイントを置きます。

 

だって、ブスが可愛い子ぶっても、美人にはかなわないから。美人と同じことをしてもダメなら、美人がやる以上の行動をしようと考えて努力するんです。素晴らしい!

 

そして努力が実を結び、少しずつ友達が増え、男の子にも好かれるようになっていく。これは、自信につながります。

 

何となく毎日を生きている中途半端な美人には、とうてい真似できないほどのすごいパワーのたまものですね。これが、本当の努力です。でも、すべては自分のため、自分の人生を幸せにするための努力だから頑張れるし、楽しい!

 

人生をナメて適当に生きてる美人より、努力が実る素晴らしさを知ったブスのほうが、人間としての価値はずっと上です。

 

そして、もっと素晴らしい未来にしたくて、さらに頑張るのです。この時点で、適当に生きる美人と、努力が実ったブスでは、雲泥の差が生まれています。

 

成績を上げて大学まで駆け上がる

f:id:m-danjyo:20190801124945j:plain

モテるブスは、勉強も一生懸命する女性が多いでしょう。

なぜなら、少しでも強み(得意なこと)を増やしたいからです。

 

では、なぜそこまで頑張れるのでしょうか?

それは小中学校でいじめられた時に、いじめを回避する作戦が成功した実績があるからなんですね。

 

人は、成功経験を積み重ねて自信をつけていきます。一度成功したから、「きっとまた成功できる」と自分を信じて努力できるんです。

 

この道を歩んできたモテるブスは、すでに自分のことが好きだし、自分に自信も持っていることでしょう。

 

ターニングポイントを無駄にしたモテない美人の末路

f:id:m-danjyo:20190801124550j:plain

「そんなにブスじゃないし、むしろどちらかと言えば美人なのに、なんでモテないの?」と思っている女性は、ターニングポイントがあったことすら気づいていない残念な女性。

 

毎日がそこそこ楽しくて、このままの人生がずっと続くと信じて疑わずに過ごしてきたのでしょう。でも、人生のターニングポイントは、すでに過ぎています。

 

では、ターニングポイントをどのように過ごしてきたのでしょうか? そして、ターニングポイントを無駄にしたモテない美人には、どのような末路が待っているのでしょうか?

 

中高校生でイケメン彼氏ができる

f:id:m-danjyo:20190801124906j:plain

小中学生が人生のターニングポイントだと気づかずに過ごしたモテない美人は、そこそこモテる人生を送ります。

 

たとえば、中高校生くらいで彼氏ができるでしょう。しかも、学校でも人気のある先輩とか、学年でもモテる男子とかと付き合うことも少なくありません。そこで、自分のレベルを知るのです。

 

「あっ、私ってイケてる女子なのね」って感じで。

 

みんなからも羨ましがられます。

「○○先輩に告白されるなんて、△△子は可愛いから得だよね~」とか言われて、さらに自信をつけていくのです。

 

大学から20代まで美人を武器に遊びまくる

f:id:m-danjyo:20190731141021j:plain

中高校生の時点で自分が美人だと自信をつけたモテない美人は、大学でも美人を武器に遊びまくります。そして、彼氏が途切れたことがないくらい、恋愛三昧の日々を送るのです。

 

一生懸命に勉強することもなく、単位が取れればOKくらいの気持ちでキャンパスライフを満喫します。

 

そして、就職してからも男性からチヤホヤされて、20代という若さを謳歌するんです。

「あー、私はブスに生まれなくて良かった!」と、ほっとしていることでしょう。

 

ここで結婚してしまえば、人生は順風満帆だったかもしれません。でも、モテない美人は欲が出てしまうんです。

 

「私には、もっとふさわしい素敵な人がいるはず」だと。

 

そして、モテない美人の悲劇は、もうすぐ訪れます。

 

30歳になって異変に気づくが改善方法がわからない

さてさて、モテない美人が異変に気づくのが30歳になった頃。

今までチヤホヤされていたのに、何だか男性があまり近づいて来なくなってくるんです。気に入っているイケメン男子も、なんだか全然オチない。

 

モテない美人の頭の中では「なぜ?????」と無限のハテナが続きます。

でも、何をどう改善すれば良いのか、まったく想像もつかないんです。なぜなら、今まで努力という努力をしたことがないから。

 

ここで、モテるブスとモテない美人の差が大きく現れるんですね。そして下手したら、モテない美人が狙っているイケメン男子は、モテるブスと付き合うことになったりします。

 

そこで、はじめてあることに気づきます。「なんであの子はブスなのにモテるの?」と。そして気がつけば30代後半、40代……と歳を取っていく。

 

しまいには「世の中の男がどうかしてる!」とか言い出す始末。ここまで来ると、ちょっと同情してしまいますね。

 

モテるブスは、本物の美人と同じ土俵で戦える!

f:id:m-danjyo:20190731191442j:plain

モテるブスが、モテない美人よりもずっとモテることがわかったと思います。でも、世の中には、本物の美人もいます。

 

本物の美人は、自分の意志で人生を選んでいきます。つまり、ターニングポイントでしっかり選んで、自分の人生を決めていくんです。だから、モテない美人と本物の美人は、まったく人種が違うと言えるでしょう。

 

ここで、あることに気づきます。

モテるブスと、本物の美人は、同じような人生を歩んできたのだと。

 

だから、モテるブスと本物の美人は、同じ土俵で戦えるくらいどちらも魅力的な女性なんです。ただし、本物の美人は内面も魅力的なので、正直なところモテるブスでも勝てません。

 

でも、モテるブスは自分の身のほどを理解しているので、そもそも本物の美人と同じ土俵には立ちません。だから、実際には戦うことがないんです。

 

本物の美人と同じ土俵に立つ身のほど知らずは、実は、モテない美人なんですね。ここでは、圧倒的な敗北を味わうことになります。

 

モテない美人は、モテたい意欲をさらけ出すのが恥ずかしいと思っているので、つねに上から目線。そんな女性は、男性から魅力的に見られるはずはありません。

 

でも、本物の美人は、基本的に「人たらし」。人たらしになりきらないと、男にも女にもモテることはないのです。だって好きになる人は、外見だけで選ぶわけではないから。大事なのは「内面」と「フィーリング」なんです。

その証拠に、多くの男性は美人かブスかよりも、内面的な魅力に惹かれる人が多いんです。

 

このように、誰もが大人になるにつれ、「大切なのは見た目ではない」ということに気づきます。しかし、モテない美人だけは気づけないのです。というより、気づきたくないのでしょう。だって、外見に頼って男を引っかけたほうが楽だから。それこそが、人生をナメているポイントであり、最大の間違いなんです。

 

モテるブスとモテない美人の大きな差で未来が変わる!

このように「モテるブス」と「モテない美人」は、まったく交わらない人生を歩みます。そして、モテるブスとモテない美人の大きな差によって、未来は180℃変わるんです。その大きな差を生み出すには、「2つの大切なこと」に気づけるかどうかにかかっています。

 

1つは、自分の運命と、まわりの人の気持ちを考えて、実行に移したかどうか。変えられないことを受け入れ、その欠点を補うためには何をすれば良いかを徹底的に考え抜いたのが「モテるブス」なんです。

 

そして2つめは、血のにじむような努力をしたこと。モテるブスは、絶対に手に入れたいものがわかっていて、それを手に入れるには、人よりも努力することが必要だと気づいたことなんです。だから、モテるブスにのぼりつめることができたんですね。

 

これは、人生の教訓になるのではないでしょうか? できるだけ人生の早い時点でこのことに気づければ、人生は自分が思っているよりも素晴らしいものに変わっていくことでしょう!